Project Mukoyama

生産設備のモニタリングシステム

概要

RaspberryPiやArduinoに各種センサと通信モジュール(3G,Wifi)をつけて、ビニールハウスや工場などの状態を監視するプラットフォームです。 異常を検知したら設備管理者のところへメール、LINE、電話などでお知らせする仕組みを構築しています。 廉価に購入できる部品を組み合わせて、DIY感覚で端末を構築でき、様々な環境やニーズに柔軟に適応できる仕組みを目指しています。

現在、β版のテスト参加者を募集中です。機器の構築を代行しリース致します。 どなたでも自由にアカウントを登録してセンサのデータ蓄積を試して頂けます(電話通知は維持コストがかかるため予告なく終了する可能性があります)。

ゴール

まずはルールベースの異常検知とデータの可視化で実績を作ります。 気象データや周辺のセンサからの情報なども統合を進め(ビッグデータ化)、 最終的にはAIによるインテリジェントな異常判断や自律的な制御(温度を直接操作するなど)を目指します。

Graph

開発者向け

プロジェクトのコードや現在取り組んでいる課題はGitHubで公開しています。不明な点などあれば、お気軽にお問い合わせください。 当初はRaspberryPiとホストサーバ間をrsyncでデータ転送していましたが、Arduino等の利用も視野に入れてhttpsベースのデータ転送方式に変更しています。 Twilio APIで電話通知、 LINE Messaging APIでLINEによる通知も実装しています。 詳細は参加方法README(GitHub)を参照してください。

https://github.com/lumbermill/takachiho

About
Img 0979
Pic3
Pic2
Img 0983
Pic4